2019年7月3日水曜日

出:ゲームを作るというゲーム




ボードゲーム デザイナー ガイドブック 〜ボードゲーム デザイナーを目指す人への実践的なアドバイス』(トム・ヴェルネック【著】、小野卓也【訳】、スモール出版)

子供とよくボードゲームをする。
これまでに遊んだのは、Dixit、カルカソンヌ、カタン、パンデミックなど。スタンダードなものばかりだ。さすがに売れてる傑作ゲームだけあって、子供達の食い付きもよい。

遊びがデジタルに傾きすぎた反動なのか、アナログゲームで遊ぶ人が増えているらしい。
確かにこれは面白い世界だ。
よくできたゲームが毎年たくさん出てくる。人間がボードゲームで遊び始めてから何千年もたつのに、いまだに驚くようなアディアが出てくるのに驚く。

そんなボードゲーム業界の内情が知りたくて、そして、自分でも作れるかも、とちょっと思って、この本を手にした。
自分で作るという目論見は、すぐに打ち砕かれた。

この本の目玉は、テストプレーヤーへの質問リストと、デザイナーの自己評価リストだ。
とにかくテストプレーをして、改善していくことが強調されている。
ちょっとでもルールを変えたらテストプレー、プレーヤーの感想を参考にまた改善、ということを何度も何度も繰り返す。
ゴリゴリのゲーマーだけでなく、初心者などいろんな人を入れて試す。
プレー可能なすべての人数(2~4人なら2人、3人、4人)で試す。
こうして、面白さを追求すると同時に、デザイナーが思いもしなかった破天荒なプレーによってゲームが破綻しないかをチェックする。
気が遠くなる。
この作業自体が、終わりのないゲームのようだ。

ルールはできるだけ簡単で、その場ですぐ始められるものにする。しかも、起こりうる状況をすべて網羅している必要がある。それでいて結果が運に左右されすぎず、戦略性を持たせなければならない。
同時には達成困難ないくつもの項目に折り合いをつけていく。
そうした長い長い過程を経てもなお、最初のアイディアが輝きを失わなかったときに、傑作が生まれるんじゃないかと思う。

作る過程を趣味として楽しむならともかく、売れるゲームを作ろうなどという野望には、おいそれと手を染めるものではないな。


この本で、ひとつハッとさせられたところがある。

チェスがもし今日発明されたとしたら、市場に出る見込みはほとんどないだろうと関係者はいう。」(p.68)

その理由は、ゲーム編集者がそのアイディアを販売員や消費者に伝えるのが難しいから。業界人同士でさえ伝えるのが難しいのなら、プレーヤー同士が教えあうのも当然難しいだろう。
それじゃあ売れない、広まらない。

チェスがダメなら、当然将棋もダメだろう。囲碁も多分ダメだろう。覚えることが世界一多い(個人の感想)麻雀なんか、もってのほかだろう。

うちの子供達にも、一応囲碁や将棋は教えたのだが、食い付きは悪かった。
いつまでたっても、何をしたらいいのかわからない、とにかくなんだかわからない、という感じなのだ。
うちの居間では親父がよくCSの麻雀番組を見ていて、それが子供達の目にも入っている。地上波の歌番組に小柳ルミ子が出てるのを見て「あ!!麻雀の人だ!!なんで歌ってんの?」というほどには見ているのだが、麻雀はまったく理解していない。見ているだけでわかるものではないようだ。オレも、あまりにめんどくさいので教えていない。

それに対して、最初に挙げたようなボードゲームは箱を開けたその日から面白い面白い言って夢中になるのだから、親としても買った甲斐があるというものだ。

遊び同士がユーザーの時間を奪い合う中で、長い歴史を誇る盤上・卓上遊技といえども伝統にあぐらをかいていたらヤバい。
プロ棋士のみなさんが熱心に普及活動を行うのも、そういう危機感があるからなんだと、この本を読んで思った次第である。


ただ、じゃあなんで、チェスや囲碁・将棋は長い年月を経ても生き残っているのか、とも思う。
100年後、今出回っている新しいボードゲームのほとんどはなくなっているだろうが、チェスや囲碁や将棋が消えるとは思えない。
なぜか?それは、現代のボードゲーム作家にこそ考えて欲しい問いである。

読了指数
今回:+1
合計:-117

2019年6月4日火曜日

入:巨匠の仕事

ライナー・クニツィアのダイス・トランプゲーム集』(ライナー・クニツィア【著】、竹田原裕介【訳】、スモール出版)

ボードゲーム界の巨匠による、トランプやサイコロなど、簡単な道具だけでできるゲーム集。最初の何個かを読んだだけで、もう面白い。遊びたい。いいなあ、こういう仕事。

読了指数
今回:-1
合計:-118

2019年3月8日金曜日

入:アートであーる。


アート・オブ・Rプログラミング』(Norman Matloff・著、大橋真也・監訳、木下哲也・訳)

けっこうデータをいじっている。Rも、触り始めてから年数だけはたっている。けれども、ちっとも上達しない。何をするにもネットで調べて、そのたびに「ああ、こんな書き方もあったのか」と必ず思う。Rはどこまで深いのか、オレはどこまで浅いのか、いつになっても知れない。
ここらで一念発起し、Rに堪能になっておきたい。それで手に取ったこの本であるが、やはり1ページごとに「ああ、こんな書き方もあるのか」の連続である。ただし、ネットで調べるよりも「なぜそうなるのか」というわけがわかるのがよい。読み通せば、もうRのプロと言ってもいいだろうな。

読了指数
今回:-1
合計:-117

2019年2月4日月曜日

出:モデルとなるべき本






データ解析のための統計モデリング入門──一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC』(久保拓弥、岩波書店)

わかりやすいことこの上ない。
読みながら何度も「わかる!」と叫ぶ。
これには、理解しやすいという意味と、「共感」の意味がある。
「そうそう、なんでも正規分布に従うわけじゃないよね」とかそういう「わかる」だ。
モデルを、データへの当てはまりの良さだけでなく予測の良さを加味して選ぶ、
というあたり、「それそれ!」という感じだ。

あとがきによれば、時間をかけて何度も書き直したらしいが、
そのエネルギーのほとんどが「わかりやすさ」に向かったと想像する。
よーく練り込まれているな、練り込まれた結果としてわかりやすい文章に
なっているな、というのが読んでいていよーくわかる。

タイトルには「どんな虫ケラでもわかる」などとうたっていながら、
実際のところはただ情報を端折っただけでちっともわかりやすくない、
あまり練られていない本も多い。
しかし、この本はこれだけ小難しそうなタイトルでありながら、
ちゃんとわかる。
タイトルにある一般化線形モデル、階層ベイズモデル、MCMCというのが
なんなのか、ということが、章が進むごとにわかっていく。
植物の種の数という、単純なデータを解析しながら、
だんだんと複雑なモデリングを行っていき、そのたびに新たな手法を取り入れる。
なかなかのスピード感、疾走感だ。

これにはひとつからくりがあって、
難しい理屈はすべて「章末の参考文献を参照」となっているのだ。
この割り切り、この潔さが成功している。
どこまで説明すればいいのか、という判断が絶妙で、
眠くなる前にズンズン進んでくれる。
これからデータ解析を始めようという人には
大変ありがたい。
その後、もっと学びたかったら参考文献を読めばよい。
この著者が薦めるのだから、間違いないだろう。

統計モデリングのやり方はもちろん、
本の書き方についても勉強になった。

最後に注意点。
わかりやすいといっても、もちろん誰が読んでもわかるというものではない。
高校数学や確率統計の知識は前提となる。
「回帰分析」という言葉にピンと来ないならば、
ちょっと調べてから読んだほうがいいだろう。

読了指数
音階:+1
合計:-116

2019年1月7日月曜日

入:ハードカバーでソフトな統計学


データ解析のための統計モデリング入門──一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC』(久保拓弥、岩波書店)

データに親しむ1年にしたい。
最初の1章を読んだが、わかりやすくするための配慮が素晴らしい。特に、訳語・記号・記法についての説明が類書になく丁寧で、読み進める際の苦労がぐっと減りそうだ。

読了指数
今回:-1
合計:-117

2018年12月14日金曜日

入:いつになったら積ん読を解消するのか?


たのしいベイズモデリング──事例で拓く研究のフロンティア』(豊田秀樹・編著、北大路書房)

大変に興味深い様々なテーマについて調査し、統計的に分析している。
例えば
「歴代M-1グランプリで最も面白いのは誰か」
「いつになったら原稿を書くのか?」
「本当に麻雀が強いのは誰か?」
など。
読みこなすにはベイズ統計の知識が必要だが、結論だけ見てもかなり面白そうだ。

読了指数
今回:-1
合計:-116

2018年8月19日日曜日

入:すべての歴史はネタバレしている


一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』(山﨑圭一、SBクリエイティブ)

世界史を勉強しなおすにあたり、動画授業を探していて行き当たったのが

世界史20話プロジェクト

なのだった。
受験世界史に苦しむ高校生から、学び直しの社会人まで、幅広く支持されている非常にわかりやすい授業だ。

この本は、その動画を公開している現役高校教師が書いた世界史の入門書。
最初のほうを読んでみたが、動画に出てきた解説がギュッと凝縮されていて、ズンズン読めそうだ。
このまま読んでいくと、今読んでいる『ローマ人の物語』のネタバレが起きるわけだが・・・
気にしすぎか。

読了指数
今回:-1
合計:-115

2018年8月17日金曜日

出:歴史のチクリ


ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)
『ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下)』(塩野七生、新潮文庫)

有名なポエニ戦争の巻。
ポエニ戦争といえば、高校の世界史では、第1次、第2次、第3次、カルタゴ、ハンニバルとスキピオ、象を連れたアルプス越え、カンネーの戦いとザマの戦い、といった事項を ざーっと習ったあと、穴埋め問題などを解いて知識の定着をはかり、忘れたらまた繰り返したりしてゴリゴリとドリルしていく、というような学習をするのが一般的かと思う。
しかし、そんなんじゃハンニバルの恐ろしさもスキピオのスター性もわからない。本書のように詳しく、なんならポエニ戦争だけで普通の教科書1冊ぶんくらいの文字数を使って、たくさんのエピソードを重ね、登場人物達の気持ちなんかも交えながら、たっぷりと語ることによって、ようやく生き生きとした人物像が浮かんでくるのだ。

こういう仕事に対しては、全国の世界史教師があこがれてるんじゃないかと思う。
大概の先生は、ハンニバルのアルプス越えくらいは面白く語るサービスをしてくれると思うが、それ以上語っているといろいろ間に合わなくなるので、我慢して端折ってどんどん先に進んでるんじゃないだろうか。
オレが習った先生は我慢できない質で、面白いところは大体全部面白く語っちゃうもんだから、最終的には時間が足りなくて補講になったと記憶している。そのおかげで世界史が好きにはなったが、ゴリゴリドリルが苦手で成績は今ひとつだった。

この本は多分、一切我慢をしていない。大好きなローマ史をとことん語っている。そらあ、面白いに決まっている。
ハートに届くぶん、記憶にも残りやすい。限られた事項を、覚えるまで繰り返しドリルするほうが確かに効率的かも知れないが、それは圧倒的に苦しくつまらない。
どんなジャンルの本でも、コンパクトに要点だけが述べられたものよりも、多少冗長でも、難しいところも含めて細部まで詳しく説明してある本のほうが、結局はよく理解できることが多い。 初期の投資時間は多くかかるが、一生のスパンで考えればそっちのほうが有意義だ。

昔攻略しきれなかった世界史をいつかものにしようというあこがれはずっとあって、春頃から思い立って勉強をはじめたものの、ローマのあたりまで来たところでこの本のことを思いだし、いったんお勉強を休んでちょっと寄り道するつもりで読み始めたところ、文庫本で5冊目まで来てしまって、寄り道どころかこっちが本筋になりそうな勢いだ。

ただし、こういう本が読めているのは昔ドリルしたおかげも多分にあるようだから、お勉強にもちゃんとした意義がある。大体広く浅く、ところにより限りなく深く、でよいだろう。


それで、これまでに学んだことからひとつ気付いたのは、軍事的な天才は晩年がけっこう惨めだ、ということだ。ハンニバルもスキピオも、その輝かしい戦歴に比べれば、最期は寂しい。『項羽と劉邦』の韓信もいやな死に方だった。歴史を読んでいてチクリとするところである。

読了指数
今回:+3
合計: -144

2018年7月9日月曜日

出:マジで1日にしてならず


ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)』(塩野七生、新潮文庫)

知力や体力、経済力などで周辺民族に劣っていた古代ローマ人が、
なぜあれほどの大帝国を築くことができたのか。
それを考える書。

その前に、なぜ、一時期このシリーズを世のおじさん達がこぞって読んでいたか
ということがずっと気になっていた。
読みかけては挫折する、ということを何度か繰り返し、
買ってから16年たって、 ようやくここまで読めた。

それで気付いたのは、これは多分年齢的なことだということ。
おじさん達が読んでいたのも、少しとはいえ、オレが読み通せたのも。
これを読める年齢に、ようやく上がって来たんだと。

で、このシリーズ、買ってあるのがあと5冊ある。
全体では文庫本で43冊出ている。
気が遠くなるが、ローマ人がイタリア半島を統一するのに
500年かかったことに比べれば大した道のりではない。

読了指数
今回:+2
合計:-117

2018年6月2日土曜日

入:一億円の英文法


一億人の英文法』(大西泰斗、ポール・マクベイ【著】、株式会社ナガセ)

4月からラジオ英会話を聞き始めた。
その内容に心打たれたため、講師の著書を買ってみた。
帯によれば、50万部突破という大変に売れている本だ。
著者は1億円くらい儲かってるんじゃないかと思う。

読了指数
今回:-1
合計:-119